ヨツバサイクルはじめました

当店のインスタグラムやFacebook等をチェックされてる方はご存知の通りですが、この度「ヨツバサイクル」始めました。 というものの、この頃KidsBikeの問い合わせが多いんです。 ゆぶねでも親子連れで来場されるかたも増えてきたしで、何気に需要高まってる気がするんです。

本来なら5サイズ展開のヨツバサイクルですが、まずは12"、16"、20"の3サイズを店頭に並べてみました。 これで、おおよそのサイズ感を確認して頂けると思います。

従来から、コメンサルを筆頭に大人顔負けのカッコいいKidsBikeもあるのですが如何せんお高めで言わば上級者向き。 MTBに馴染みが薄い親御さんからすれば躊躇するのも事実。 スグに大きくなる育ち盛りな子供だし、ヘタすりゃ2,3年でサイズが合わなくなることもあるので尚のこと。

そこで、このヨツバサイクルですよ。 特徴はシンプルで軽量。 そしてなにより財布に優しい。 そのほか、イロイロと子供ファーストな設計をしてあるので詳細はココでチェックして下さい。 

 個人的には軽いっていうのが一番魅力的。 体力の無い子供にとって重さはかなりの負担だし、コケた時に自分でBikeを起こすことが出来るというのも大事。 助けを借りず自分でナントカできると子供にとって大きな自信につながるのでは、という教育的配慮。 決して助けにいくのが面倒とは思ってないですよ。 極力手は出さず見守るスタイルです。

しかし、商売的に考えると一般的にKidsBikeって大人用に比べて安価だし正直なところ利幅少ないクセに、組み付けが甘くて調整も大変。 その上、体力の無い子供用なんで何気に要求性能は高い目という三重苦。 ビジネスとしては決して美味しい商材では無いんですが、それでも自転車を好きになってくれる子供が増えてくれるならOK牧場! そして、その中からトップアスリートが生まれればさらにOK!! 「アイツはオレが育ててやったんよ。」と言いたいわけです。 まあ、小さい頃にMTBが好きになった、その一人が飛丸選手なんですけどね。

このブログの人気の投稿

働き方改革

我が青春の岩岳

FOESのアナログ