投稿

人を育てる自転車を

イメージ
BlankyDogの中の私、こう見えても2児の父でなんですが、日頃、疎かにしてる父としての存在感を取り戻そうと夏休みはNoBikeで父と子の絆を深めようと思ってたんです。 そこで子供にナニがしたい?と問おてみると自転車のコースに行きたいと・・・ そうは言っても下の子なんか、キックバイクは達者なんですが、自転車は未知の世界。
 まあ、モノは試しといつもの「ゆぶね」に行って12インチのキックバイクジオメトリーなスペシャルBikeに跨がせてみたんです。 そしたらフツーに漕ぎ出してビックリ!
 自転車に乗れるようにするのは親の務め。 ましてや自転車屋の子息なれば、尚のことと意気込んでいたのに、親はなくとも子はナントカ。 嬉しい様な寂しい様な。 挙げ句の果てに「タイヤが太いから乗り易い」とインプレッションまでする始末。
と、いうことで乗り回してます
なぜ、こうまでスムーズに自転車に乗れるようになったのかを考察してみると、第一にキックバイク:ハンドルでバランスを取る事を身につけた様です。 次に三輪車:ペダルを漕ぐ動作はコレで学んだのかも。 そして、なにより、キックバイクと同じジオメトリのスペシャルBikeのおかげ:前述の2つの覚えたことを同時にやっちゃえばあら不思議! 玉無し自転車に乗れちゃうわけです。 あと、ちょっとしたコツとして緩やかな下りでスタートさせること。 大人もそうなんですが、ゼロ発進(さらには登坂発進)ってバランス崩し易く意外と難しいんです。
 さらに驚くことが、もう一つ。 そんなスペシャルBikeを借り受けて自宅に持って帰ったわけですよ。 すると近所に住む同じ年の姪っ子もトライ。 するとコチラもスルリと乗りこなしてしまったではありませんか! まあ、ウチの子と同じようにキックバイクと三輪車で遊んでたんで当然といえば当然。 奥さん! やっぱり「道具」ですよ。 ど・う・ぐ!!
 スペシャルBikeは文字通りスペシャルなんで一般に売ってないんでアレですが、同じコンセプトのヤツならヨツバサイクルのモデル12"ですよ。 キックバイクみたいに足付きが良くてタイヤも太いので乗り易いんです。 おまけに超軽いしね。 ハンドル&ブレーキも小さな子供の手のひらに合わしてあるので完璧。 ただし工場出荷のままだとドコもかしこも動きも渋くて子供の体力とオモシロさを削ってしまう…

アウトドアなデスクワーク

イメージ
BlankyDogは8/16まで夏休みです。 17日から本気出しますので何卒ご容赦を。 とは言っても、水面下な仕事には夏休みなんて無くイロイロと動いてます。
 ちょっと前からゆぶねの新しい構想を練ってます。 iPadを持ちながらコースを走ったり薮漕ぎしたりしてデータ収集に勤しんでおります。 特に薮漕ぎなんかは、この時期に行うのは、暑いし虫多いし草生えまくりで拷問以外のナニモノでも無いんですが、新プランの提出納期が間もなくなんで強行してます。 なお汗まみれ間違い無しの夏の薮漕ぎ、新手のダイエットと思ったんですがビールが異常に美味くなるなるというショートレンジのリバウンドにヤラれるので、やはりオススメしませんw

 ちなみに、コースデータ収集にあたり今までの初代iPadから今のiPadProに更新したのですが、パフォーマンスが桁違い。 いろいろ出来過ぎて人間が追いつかなくなるほど。 やっぱり道具って大切ですよね。 


 道具といえば、データ集めの際に27.5+のBikeに跨がってコースを走り回りました。 コースと言っても既存のエリアから廃道寸前の荒れたルート。 さらには既存のコースを逆走したりとかなり走り難いセクションの連発で、従前の細いタイヤのMTBだと走破できなくは無いけど、神経と体力をガツガツ削られるようなところでも、高いトラクション性能と安定性で随分と助けられ、27.5+のパフォーマンスを再確認しました。 反面、スピードの乗るスムーズなセクションでは安定感高過ぎてスリルとサスペンスが足りないですが、この辺は乗手の好み。 以前のNewsと重複しますが、肩の力抜いてオフロードを楽しむにはこの手のBikeをオススメします。 なにより安全ですしね。

 というわけでコースビルダーとライダー、Bikeメカニックのマルチな顔を持つBlankyDog。 今年後半戦もそれぞれの面から高いリアリティーで面白いもの押し付け提案していきますのでみなさまご贔屓の程、ヨロシクお願い致します。

8月の予定

イメージ
個人的なことなんですが、本日はお盆前のお墓参り。 ウチの墓は家の近所なんですが、ココにソーラーパネル並べれば一財産築けるんじゃないかってくらいに日当りの良い小高い丘の上。 朝からじっくりと日光に曝されちんちんに熱くなった墓石に囲まれて良い汗かきました。 試しに水を打ってみたんですが、まさに焼け石に水。 それどころかちょっとしたフィンランド式サウナ。 汗ダラダラで手を合わせて身も心もデトックスできました。


からのゆぶねでブランキーパークのメンテ少々とランド全体のコース改修の打ち合わせ。 先日のiPadもって走り回った甲斐あって、私の提案が通りそうです。 ということで更に詳細なプランを組まなければイケナイのでまだまだiPadもってライド&薮漕ぎです。 
そんな週末でしたが、気が付きゃ来週はお盆。 当店の夏休みは8/13 〜16です。 また短縮営業の日もちょいちょいっとあるんで、www.blankydog.jpの左のメニュー「Calender」をクリックして詳細の確認をお願い致します。

 あと、8/27(日)には「ゆぶねの夏フェス」があります。 いつものKBS和束クルーによるブランキーパークでのタイム計測会もあります。 詳細は「KBS和束」のFacebookページでご確認ください。 こちらもヨロシクお願いします!

日本一の旅 (後編)

イメージ
楽しかった全日本選手権から2週間が経とうとしてます。 みなさま、お元気でしょうか? 極一部からDay2はドウなったかとお問い合わせ頂きましたが忙殺されてました。 申し訳ございません。

 Day2はと言うと、恐らくは国内最高密度のDirtBikeParkであろうYBPにお邪魔してその熱い思いをハンドルバー&ペダルから感じ取ろうと思うていたわけなんです。 その意気込みたるやDJ系のハードテイルBikeしか持って来なかった程。 ある意味、ココに懸けていたわけです。 
朝方、富士見パノラマから車を走らせること30分 八ヶ岳山麓のチョット標高の高い所にあるYBPに到着。 しかし、周りは深い霧。 駐車場に車を止めるとスタッフと思しき人がコチラに近づいてくる。 そして開口一番、無慈悲なコースクローズの告知。

 しかし折角来たのだからと、我々もNoBikeでなめ回すようにコースチェック。 さらにYBPのスタッフの方にも丁寧にコース案内して頂き、熱い思いが詰まったフィールドであることを再確認してリスペクト。 コンパクトなフィールドに老若男女が安全に楽しめるレイアウトから土質まで。 こう見えてもコーズビルダーの末席を汚している私、とても勉強になりました。


良いコースを見るとライドの虫が騒ぎだすのがMTBer。 YBPはクローズでもドコか走れる場所は無いかと探しまくりながらGoWest! しかし、どこもかしこもクローズとのこと。 少し遠いけど三重県のGonzoParkがオープンしていると知り向かうも一足先に雨雲がコースインして終了!

結局この日のハイライトは昭和の趣が強く残るランチタイム。 ライド出来なかったのはとても残念なのですが、グルメツアーということではOK牧場。 でも、次回は足腰立たないくらい乗り倒すツアーにしたいと思いました。

2017 全日本選手権

イメージ
この週末、7月22&23日は長野県に行ってきました。Day1は富士見パノラマで行われる、日本一速いヤツを一発勝負で決める全日本選手権のメカニックサポートとして。 Day2は濃度日本一のBikeParkと思われるYBPの試察としての長野入り。

まずはDay1。 サポートするのはご存知の飛丸選手。 何気に多くの皆様に注目して頂いてる&前日のタイムドセッションで3番手のタイムをだしちゃったもんだからイロイロ声かけていただきました。 そらもう有り難い限りでございます。


メカニックサポートと言ってもウチの場合は選手は1人だしRaceDayだからといってテンション上がって無茶して機材壊したりしない、意外とお利口さんだったりするので、実はあまりやること無いんです。 なので当日はBikeをキレイにしてコンディションを整えるだけ。 まあ、それに至までの事前準備は大忙しなんですけどね。 つまりRaceDayをノントラブルで走り切るBikeに仕上げるのがメカニックのお仕事というのが持論です。

さてさて結果はというと、予選は超手堅い走りで12位。 決勝はコケて24位。 詳細と結果の総括はそのうち本人から発表があると思いますが、私的には良い夢みせてもらいましたし、まだこの夢は覚めないような気がします。 とにかくこの結果をシッカリ受け止めて次に繋げていきたいと思うわけです。 というワケで今年の全日本選手権は終了。

当初、予定していた祝勝会(焼き肉)は中止。 蕎麦食って温泉入って軽く飲んでDay2に続く・・・




活動報告(7月のゆぶね編)

イメージ
7/16の京都と言えば祇園祭の宵山。 中心部は大勢の人で賑わっているんですが、ここゆぶねは同じ京都でもかなりの辺境の地。 そんなゆぶね、本来はプチ高原なんで京都市内よりも随分と涼しいんですが、それでもこの時期特有のサウナの様な蒸し暑さで訪れる人も少ないと思うていたら、予想以上の来場者で結構賑わってました。 ありがとうございました。 訪れる人もヘビーなリピーターからハジメテ来る人。 さらにはMTB初めての人、老若男女イロイロな層が集いました。

コースはと言うと、夏のスコール(?)の爪痕が残ってました。 つい先日に土入れ&転圧した所なんですが、安定してないのか脆弱でした。 とりあえず、応急処置しときましたが、落ち着くまで要注意。 走り易さ、見た目の奇麗さはモチロンですが、水のコントロールが大切で難しいと痛感。 まだまだ勉強足りません。


キャニオン最初の成功者(注 Yukimasa Hasegawaさん(@blankydogbikes)がシェアした投稿 - 2017 7月 15 9:48午後 PDT そして何より、懸案のサクラトラックのダートジャンプ。 同志諸君の尽力により大きいレーンの3つ目まで出来ました。 今は飛び切らないと一機失うキャニオンジャンプですが、近いうちにコンパネで橋渡してテーブルトップにします。 

見た目は大きくで厳ついジャンプですが、ココは下りスロープなのでスピードが簡単に出て意外と飛べます。 バックサイドも広めに作ったので比較的安全とは思いますが、アクマでも自己責任でトライしてください。 ここの砂利、意外と尖っているので転けると痛いし思ったより血が出るのでご注意を。

危ないからと公園の遊具も廃してしまうような事なかれ主義的な風潮が強いなか、ヘタすれば大けがする様なダートジャンプのコースがリーガルなエリアにあることはとても貴重だと思います。 そもそもMTBの専用コース自体が得難いものです。 ここで大きな事故が頻発しては存続に関わります。 危険を極力回避するアウトドアスポーツの原則が改めて大切と思います。 はじめは出来なくて当たり前。 徐々にスキルを磨いて出来る範囲を広めていけばそのうち大きいジャンプも飛べるようになります。 エクストリームなスポーツだからこそ無理や無茶は禁物。 そう、まさにトランキーロ!!



7月のゆぶねの日

イメージ
梅雨上げ前の湿度と気温にかなり気力&体力が削られてますが、今度の日曜日は「ゆぶね」の日です。 こんな暑い中でのアウトドア、こらもうビールを美味しく飲む為の儀式というこどで、ハリキっていきましょう(ヤケ◯ソ
さてさて、バッチリ整備で快適ライドを目指しているゆぶねのコース。 転圧機という新しいスタッフも加わり、ますますそのクオリティーが上がると思われた矢先の豪雨。 文字通り削られていまいました。
青コースに入って最初の登りヘアピンに溝が出来ちゃってます。 こらあ根本的な改善を施さないと、雨の度に土入れ必要な無限ループ。 ちょっと良いアイデア浮かんだので日曜の朝一で補修します。

一般論ですが、轍が最も成長する環境は走行ラインと水の流れが一致したとき。 タイヤが溝を作り土を柔らかくし水の流れるラインを作る。 そのラインに水が流れることで土が流され溝が深く大きくなる。 そうなるとタイヤが溝にハマり更に底を削って... の悪循環。 

なので、コースを造る上で意識していることの一つが「走るライン」と「水の流れ」の接点を最小にすること。 なるべく乾いたラインを走れるようにすることでコースを保全することができるし、何より走ってて快適ですしね。 

 とは言っても、相手は自然。 思うように行かないことも多々あるのでトライ&エラーで精進していきます。 ちなみに、今までならこの登りヘアピンでこの状態だったら他のセクションも同様に雨の被害を受けていたんですが、写真を撮り忘れるくらい非常に軽微でした。 転圧機は万能では無いけれどしっかりとイイ仕事してくれました。 

そうそう、あとはコチラもイイ感じになってきました。 後はキャニオンの谷間に板貼ってテーブルトップにすればオープンです。 勇者はキャニオンのままでもトライしてもエエんやで(自己責任でよろしく

同志諸君の働きでますます遊びの幅が広がってるゆぶねTopeakMTBランド。 この週末も皆様のご来場をお待ちしております。