投稿

2月, 2017の投稿を表示しています

KBS和束的啓蟄

イメージ
ここんところ、雪に閉ざされていたブランキーパーク。 それにしても、今年は雪が多い。 そ言えば、カメムシも例年以上に多かった気がするし、生理的に受け付けないけどヤツらも利用価値のがあるということか…
まあ、雪が降ったところで走ったり飛んだりはできるんですがコース整備が全くできない状態。 で気が付きゃ「KBS2-3」まであと一週間! ということで慌てて「ゆぶね」へGo‼ 8時前に車に乗った時に、フロントガラスの水滴がガッツリ凍ってたのには焦りました。
そんなこんなで同志諸君も招集して作業開始。 池の手前のスペースにバームを2つほどこしらえて新しいラインを作っちゃいました。 それにしても、小一時間でバームを一つこしらえてしまう同志諸君の土方能力にはびっくり。 場所とイメージを伝えておけば良い感じのバームが出来上がってしまうのです。 まあ、ゆぶねのフィールドは土が良いってのもあるのですが、同志諸君の能力に感謝感激なわけです。

私は違う場所でキコリしてたんですが、戻ってきたら突然コレ↑ですよ。このあと手前の土も同志諸君がバームにしちゃいました。 うまく映像に取れてなかったのが悔やまれますが何気に難しいセクションが出来上がりました。

 前回から出現したゆるく長い左コーナーからまっすぐ旧コースを飛び越したところから新コース。 着地と同時に右にターン。 この右ターンの出口には今回作ったバームがあるけれど、入口はチョイとオフキャン気味でかなり難しい。 特に旧コースをジャンプして超えるスピードだと並のウデでは曲がりきれないわけです。 もちろんナメても行けるし、この後は傾斜が緩いエリアなので、飛んでどっちらかってバタバタするより丁寧にラインをトレースした方が良い場合も。 まあ、ここら辺は自己責任で。

上部は水曜と前日のコースメンテ作業の具合でキメていきたいと思いますので、引き続き「KBS和束」のページをチェックよろしく!


DeityのDJ Bike

イメージ
一昔前はイロイロと展開してたダートジャンプ(DJ)Bikeですが、29インチや27.5インチタイヤのMTBが台頭している今日この頃ではすっかり絶滅危惧種。 ちなみにDJ Bikeってのは26インチや24インチのタイヤでイスがやたら低いんですよ奥さん。 つまり、Bikeコントロールのし易さを追求した一つの形で、ダートジャンプはもちろんのことトライアルっぽいアクションまでチャレンジできるMTBの基礎を養うにはつってつけなジャンルのBikeなんです。
それなら20インチのBMXでも良いんですが、MTBに乗り換えたときに埋めることが難しいギャップがあったりするので、やはりMTBの基礎トレーニングにはDJ Bikeが丁度いいんですよ。 
しかし、前述の通り絶滅危惧られているコノ種のBike。 いろんな所から部品をかき集めてナントカ形にしたのが↓ってことなんです。

フレームはDeityのCryptkeeper コイツに当時もののDeityのパーツをブチ込んで完成車にしたってわけです。 詳細はご来店の際にマジマジと見て頂くとして、手前味噌ですがとにかくかっこ良く組み上がったわけなんです。 当時なら20万円くらいするかなぁ〜っという逸品なんですが、上手い具合に安価でパーツが手に入ったので¥119,000(+税)で販売致します。 オプションで前ブレーキも付きますyo。

スタンディングからウィリーやマニュアル。パンプトラックやダートジャンプ。 魅せるテクニックを磨きたければウッテツケの逸台。 いかがでしょうか