投稿

4月, 2015の投稿を表示しています

2015のDH初め

イメージ
箱館山です! オープン戦です!! ということで年中行事の箱館山の走り放題に参戦してきました。 攻略には時間が必要という去年の反省を活かし土曜日にウォームアップ。  日曜日にアタックと思ってたンですが、スケジュ−ルをチェックしてみると土曜は娘の保育園イベント... 美人マm娘との思い出作りという教育的観点から泣く泣く断念。 日曜日にすべてをブツけてみました。 とか言いながら試走時間に間に合わないという弛みっぷり。 Yes!ブッツけ本番です。
追い打ちを掛けるように、今回のお供も一新したわけで何もかもが未知数というドキドキワクワクが止まらないシチュエーション。 そんな素敵な機材はコチラ
Giant社の新しいDHなBike。 27.5インチタイヤ採用ののGloryです。 コイツをベースにブレーキはSRAM社の[GuideRSC]とセンターラインローター  このブレーキ触った瞬間にそのポテンシャルの高さを感じDHで可愛がりたくなった逸品です。 ドライブトレインはSRAMのX9にしてチェーンデバイスレス。 もちろんチェーンリングは落ちない例のアレ。 フロントフォークもチャージャーダンパー&エアサス化で軽くてよぉ動いてセットアップし易くって何もかもご機嫌な感じ。 無論、リアのバネも適切なものに。 少々せこいタイヤをチョイスしてるものの、コレで16kg丁度。 最近のDHBikeってスバラしい。
そんな感じで午前中は全体の粗出し&セットアップをしながらのラン。 実はこのGloryのフレームサイズはMで一応は適応範囲なサイズなんですが、私に取っては大きい目。 やたらホイールベースも長く、いわゆる取り回しの悪い感触。 ラインがタイトな箱館山のコースで思い通りに扱えないのは恐いのなんの。 だがしかし! このGlory君、ガレ場に突っ込もうが前輪からドロップしようが無問題。 有り余る安定感に少々ラフなライドでも何とかなるのです。 
そんな感じで慣れてきてセットアップが何となく決まってくるとこの新しいGlory素性に驚愕。 恐ろしく速い。 箱館山名物の沢山のスイッチバック、その間のストレート区間のスピードの伸びが異常で油断してるとブレーキが間に合わなく程。 そして意外に良く曲がる。 曲がると言ってもハンドル切ってもダメでシッカリ車体を倒し込まないとイケナイのですが、倒し込む時の不安定が薄い…

ゴールデンウィークの営業予定

イメージ
大変です。 もう幾つ寝るとゴールデンウィーク!? 準備は万端でしょうか? ゴールデンウィークと言えばグリーンシーズンのオープン戦「箱館山のDH走り放題」です。 今年はカレンダーの都合上、ちょいと早めの4/26(日)です。 もちろん私も参戦予定。 といいながら事前エントリー忘れたので当日エントリーなんですけどね。 「え!そんなんあるんですか?」って人も当日エントリーOKなんで飛び込んでみませんか?
さてさて、月初は4/25日(土)から走り込んでやるぜ! と意気込んでたんですが、諸事情により26日ぶっつけ本番となりそうです。 家庭の事情なんですが、作業依頼もボチボチ詰まってきたんでシッカリ働いて日曜日は走ることに専念します。 あっ!走ることも私にとっては大切なお仕事です。 現実逃避してるみたいな満面の笑顔は気のせいです。 決して遊びじゃないですから。
というわけで、連休前後の営業予定。
4/25(土)      短縮営業(14:00〜20:00) 4/26(日)      DH走り放題@箱館山 4/27&28(月&火) 通常営業 4/29(水)      定休日 4/30(木)      通常営業  5/1〜5(金〜火)   臨時休業 5/6(水)〜      通常営業
さてと、コイツを早く仕上げなくては!

ちょっと遅い春の訪れ

イメージ
久しぶりの暖かい一日。 例年なら当たり前な気温なんでしょうが、今年は雨&寒気で思わずストーブに火を入れてしまうような日が続いてたので、何でも無いようなことが幸せだったと思えますよね。

さてさて、何の前触れも無く「POC」のアイテムが到着しました。 POCはスエーデン発のプロテクター&ウェアのブランドで、特にニー&エルボーガードは当店でもベストセラー。 これまでとは違う発想な衝撃吸収性&安全性の高さに衝撃を受ける人も多数。
ウェア類に関しても実用的&シンプルなデザイン。 基本二色の切り替えに遠くからでもソレと分かる大きなPOCのロゴ。 正直愚直で野暮ったい、他とは違うスカンジナビアな雰囲気にファンも多いわけです。 スパインTシャツの背骨プリントも強烈なインパクトです。
そんな訳で到着した2015モデルのPOC。 そのうちフェイスブック(FB)ページでも詳細をご紹介しますが、お馴染みのプロテクターに『Lite』なシリーズが加わりました。 ケガしたく無いのはXC的ライダーも同じ。 暑い&動き難いといってプロテクターを敬遠した結果、肘&膝の擦り傷に涙チョチョぎれた皆様に是非ともチェックして頂きたい。 DJな人も、カジュアルなウェアの下に仕込むのにもイイ感じです。

桜源郷

イメージ
今年の春はホントに雨に祟られてる様な気がします。 特に週末に限って・・・ 農業関係者もそういってたのでホントに多いのだと思います。 というわけで、もはや貴重な晴れの日曜日。 午前中だけですがゆぶねに行って来ました。

先日のこのNEWSで「みんなの力を貸してね」的なことを言った成果かどうなのか、多くの人が土イジリに参加してくださいました。 この場ではありますが熱く御礼申し上げます。 どれ位の力が集まったかと言うと、例の砂山が更地になった位・・・ そして何やらスゴいものを作ったとのこと。 わたしが帰った後とのことなので、次回に私の目で確認→レポします。 

そうそう、このエリアの名前が「サクラパンプトラック」になりました。 ちょっと長いので独断で「サクラトラック」と呼んじゃいます。 なんとなく「サクラパンプ」より発音が楽な気がするので。 それにしてもこのエリア、桜並木も美しいのですがソレ以外にも多くの花で囲まれてる、なんとも幻想的なフィールドなのです。 
実はこのエリアは一般的なパンプトラックとは違い、傾斜地なのです。 故にオーバルコースの設定がチョット困難。 その代わりパンプが上手でなくても加速できるトラックが作れるわけで、今あるストレートな縦のラインとそれにまとわりつくような横のラインがまさにソレ。 走るだけなら誰でも可能なんですが、そこにお好みでパンプ(プッシュ)を加えてスピードアップ。 走り手の技量に応じて楽しむことが出来るように設定していこうかと。 あとは安全対策と未就学時も楽しめるエリアの確保も。
というわけで、まだまだ土と人の手が足りません。 土はどうやら地元「ゆぶね」の強力なご協力が得られるようです。 なのでソレに負けないくらいの皆様の元気をちょっとだけゆぶねに分けて下さい。 良い筋トレにもなりますよ。

遊び場を作る遊び

イメージ
先日の火曜日は若者を引き連れてゆぶねで趣味の土イジリしてきたんですけどね。 先日は1人だったんですが、今回は二人。 作業内容にも依りますが一人のときより進捗度は2倍以上。 まあ、若者が1.5人分頑張ってくれただけかもしれませんが。

それにしてもコース作りって難しいです。 最初は何となくなプランがあるのですが、作り進めて行くに連れて予想と現実がどんどん乖離していくのです。 その都度、面を盛ったり削ったり、ラインをズラしたり白紙に戻したり。 イイ感じに出来たと思っても実際に走ってみるとそれほど面白く無かったり危険だったりして、三歩進んで二歩戻るような状態。 それでもスコップを握り続けていると「キタッ!」っていう瞬間が訪れるのです。 ソレを一つ一つ掴んで行く地味な作業なワケです。

ちょっとしたパンプトラックなんですが、考えるとホントに課題イッパイで頭がかゆくなるのですが、よくよく考えると好条件が揃っているフィールドであるということには代わりありません。 何より土がある!! 実際「ゆぶねの人」用意して頂いたのは粘り気のない川砂。 ですが、整地の段階で敷かれた山土と混ぜ合わせることで造形に適した土にすることが出来る訳です。 固まりやすさ、削りやすさ、水はけ等々。 本当に有り難いです。

一方のブランキーパーク、私は今はパンプトラック作りに夢中なのですが、信頼する同士諸君によって現在進行形で確実に進化中。 こちらも面白くなりそうです。 ただ、当初よりちょっと難易度UPな雰囲気。 それもこれもパンプトラックが初中級向けのフィールドを担うからこそできる棲み分け。 パンプトラックで基礎を身につけブランキーパークはその応用という魂胆。 パンプトラックを充実させることはブランキーパークをさらに刺激的に進化させる為でもあるのです。

そんなコースメイクをお手伝いいただけるスタッフ、いつでもWelcomです。 「なんかしましょか」の一言でエントリーOK 採用率はほぼ100% こっそり自分用(自分OnlyはNG)のセクションを作れる特典付き。 道具持参大歓迎。 無くてもOK。 スキルは不問
。 皆様のお申出、心よりお待ちしてます。

喜土哀楽

イメージ
我が家ではテルテル坊主を合計四体用意したのです。 すると雨間違いなしな予報が出ていた土曜日は、時折晴れ間も伺えるほどのまずまずのお天気。 その勢いで!と期待を寄せていた日曜日は見事に未明からの雨。 だがしかし現実を直視するのを拒むように向かった「ゆぶね」もやはり雨・・・ その上、風があって寒い。 ということでコースクローズとさせてもらいました。 残念。

折角来たゆぶね。 その雨の鬱憤はコース作りにぶつけておきました。 というのも、例のパンプトラックエリアがこんなこと↓になってたのです。 ドドぉん!!
というわけで、天の恵み。 ダンプ4,5杯分!? これで◯◯はあと10ねn日は闘えるってもんです。 ってlことで早速闘っておきました。 最後の山のバックサイドと次のキッカー&バックサイドの目安を作っときました。 川砂なんでちょっと固まり難いですが、水はけ最高なんで雨の影響は小。 さあ、これで新たなステージ突入です。 そしてDigger隊。 引き続き募集中です。

季節の変わり目に

イメージ
ナゼでしょう? 桜なんて日本中ドコにでもあるのにこの季節の京都はやたら人で溢れます。 「お花見」という行為は花を見るといいながら、花以外の部分=(シチュエーション、ストーリー)に重きを置いているのかも。 もしくは団子狙い(笑)

当店で春の知らせと言えばアパレル類の入荷もその一つです。 いずれも入荷量は多く無いのですが、IONやDakine、TroyLeeDesignが到着してます。 RACEFACEも明日入荷予定。 POCはもう少しかな。
そんな中、本日ご紹介するのはIONのLOGO DR Tee パッと見、単なるTシャツなんですが、お値段高い目、というか一般的なTシャツに比べてほぼ2倍。 その分、快適性は◎ 速乾性があって涼しい。 そして乾ききらないほど汗をかいても冷たくならないのがサイコー。 ま、よくあるジャージ位のパフォーマンスなんですが、それをフツーのTシャツにしか見えないビジュアルでやってしまったというスゴさ。 もう、いろんな意味でCoolなんです。
そろそろ、汗ばむような場面が多くなってくるこの季節。 RideのときもDigってるときも。 Cityにくりだすときなんかにも便利な一枚です。 実はいま店頭にある分は値上げ前にオーダーを入れた分なので若干ですがお安くお買い求め頂けるのです。 今が狙い目。 是非ドウゾ
追伸:
チームパンツのベースも実は入荷済み。 只今、プリント準備中。 20日頃をメドに進めてます。