投稿

2月, 2015の投稿を表示しています

評価と課題

イメージ
15日の日曜日は「ゆぶねのおっちゃん」の日ということで、現地に来た人からお金を集めてゼッケンを渡す簡単なお仕事。 スキあらばパトロールと称してガッツりライド&コースメンテナンスしてる風な趣味の土イジリなど、と思ってたんですが・・・

オープンしてみると来るわ!来るわ!! ライダー達の波。 一人では到底追いつかないので周りにいる人を使いながらの受付、ときどきレンタルバイクの用意、のち車の誘導とてんや&わんや事態。 至らぬおっちゃんに一つの文句も無く容赦してくれたご来場者のみなさま。 そしてお手伝いしてくれた人達に「ありがとう」(浜村淳風)

 前回、私が担当した日の来場者は40人強。 そして今回は60人弱。 多くの人にご来場頂けるってのはホントに有り難いことです。 ありがとうございます。
 そんなご来場の皆様とイロイロ話をしてたんですが「初ゆぶね」という人とリピーターさんの割合が1:2位かな感じ。 来月のレースの練習ですか?と聞くとYes!の人は少なめ。 中には初めてのMTBって人もちらほら居られました。 私の勝手な妄想ですが、この客層の分布ってなかなか興味深く、「ゆぶね」の目指している方向が悪く無いってことを指しているように思えるのです。 簡単に言えば層に偏りがないってのかNiceなのです。

ただ、ジャンル的にはXCな人が多くカジュアルなMTBerが少ないってのが気になる点。 ま、実際に細かなアップダウンを繰り返すメインコースはXC的だし、下り好きの人にはちょっと物足りなくカジュアルなひとにとっても体力的負担が大きいかも。 ブランキーパークもまだまだ認知度が低いしまだまだ作り込みたいし...

いろんなスタイルのMTBerが集う場にしたいと思うてた所に突きつけられた課題。 しかしその突破口の一つにすでに触手を延ばしてます。 そう、先日このNewsでもふれたDJ
&パンプトラック広場計画。 この度、Go!! サインがでたので近日着工予定です。 まずは草刈りや倒木処理といった地味な作業から始まりますが、人手を集めて一気に片付けちゃいましょう。 「手伝うよ」と申し出てくれた方も多いので一気にオープンまでもっていっちゃいましょう。

作業の日時、内容等の詳細は改めてご連絡いたします。 その際は皆様のご協力をお願いします。

この週末+α の営業案内

イメージ
みなさま、「13日の金曜日」はいかがお過ごしでしたか? 私は何となくSlipknotを聞きながらノリノリで作業してたんですが、チョット前ほど「13日の金曜日」というワードに世間は色めき立ってないと感じ、ジェイソン君のコトを思うと寂しくなったわけです。  あと、キョンシーは今どうしているのかと・・・
そんなことはさておき、2/15(日)はゆぶねの日。私は管理人のオッチャンやっているので皆様、ドシドシ来来願います。 周回コースで遊ぶも良し。 ブランキーパークで遊ぶも良し。 自分の心地よいトコロを見つけて中身の濃ィい休日をお過ごし下さい。 ということでお店はお休みです。 丁度、京都マラソンと同日だしBlankyDogもパークアンドライド基地に近いためか、付近が大渋滞なこともあるので喧噪から逃げるには良いタイミングだなぁと思うのです。
 あと、前日の14日(土)はちょっと遅刻します。 一応13時頃オープン予定ですが前後する可能性有り。 BlankyDogのFBページでご確認ください。
あと平日ですが18日(水)も「ゆぶね」オープンします。 コチラもよりしくお願いしまぁ す。

継続は力だ!! (確信)

イメージ
この水曜日は建国記念日ということで祝日。 なんでも日本って今から2675年前に建国したとのこと。 商売を初めて「生き残ることは凄いこと」と日々感じてる身としては2千年以上続くなんて途轍もない国なんだなぁと思うワケです。 

 とか言いながら、そんなこと全く意識してなかったんですが、偶然このお休みは伊勢&鳥羽に行って来ました。 家族サービスの旅だったんですけどね。 祝日は店を開けるのがセオリーなんですが、今回は勝手ながら日頃は無理を強いている家族への恩返しというわけです。

 そんなわけでこの旅の中では家族の下僕に徹しよう(奥様に対しては常に下僕)と思った訳ですがやはり幼い子供達にたいしては教育的観点からその”わがまま”の全てを受け入れることはNG。 楽しい旅の中であっても時には叱るわけです。 もちろん、叱るのは辛いのですが、今を我慢してより良い未来の実現につなげるのです。

 この点、実は当店の商売とも同じような感覚があるのです。 欲しい商品をすぐに提供出するビジネススタイルは目先の売り上げをUPできるので非常に魅力的なんですが、それじゃあ数有る通販と同じ。 低価格が正義な世紀末な世界なわけです。 極端な言い方になりますが、必要ないものを安くで売るスタイル。

 だけど欲しいと思った商品が思っていた効果を発揮しないというのはソコソコある話。 そして当店は”その「思い」と「現実」の温度差を埋めるのが役目だと思うているのです。 つまり当店が目指しているのは、お客様にとって必要なものを探しだして定価以上の値をつけずに提供するスタイル。 ある意味コンサルタントなわけですが、コンサル料を頂いてないというコトなんです。 まあ、なんて良心的なんでしょう(自画自賛)

アレだコレだとイロイロ話の長い面倒クサイ店ですがより良い未来の実現には一生懸命です。 今回の旅は家族サービスだけでなく、自分自身のビジネススタイルを確認する充電タイムでもありました。 

長いビジョンンをもってお客様に提案することがお客様の為でもあり、そうして利益を生むことが店の為であり、家族の為でもあり。 そうして店を続けることがお客様への恩返しでもあり。 改めて継続するスゴさを感じた今回の旅。 そにかく、そんなわけで今後ともヨロシクお願いします。

完成車の在庫状況(抄)

イメージ
今シーズン一番じゃないか?という寒波に日本列島が襲われているわけですが皆様いかがおすごしでしょうか? ココ京都もスンゴイ寒いです。 しかし、ただ寒いだけで雪が積もるとかいった庭駆け回りたくなるイベントは無し。 ま、降れば降ったで町はパニックなんでコレも良しとしときましょ。

パニックと言えば、この一週間。 完成車を中心に入荷ラッシュで大慌てなBlankyDog。 在庫車もドンと増えたので頭ん中を整理する意味でも纏めてみました。それがコチラ↓


ーー完成車ーー

Commenc
Meta HT AM -Origin Yellow M-size ¥154,800
Meta HT Trail -Essential Black S-size ¥149,800
El Camino Origin MD White M-size ¥84.800

RockyMountain
Altitude 730 S-size ¥386,000
ThunderBolt 730 M-Size ¥350,000

KONA
Honzo S-size ¥211,000

(全て税抜き価格)
この他にも何台かあるのですが、当店オリジナルなヤツだったりして講釈が必要なのでこれらはまた今度。 さらにこの後も何台か控えてたりするのでいよいよ置き場所に困ってしました。 閉店の時とか全部を店内に収容できるのか毎日がドっキドキ! おねがいです。 自転車買って下さい!!

臨時休業のおしらせ

イメージ
ただでさえ日数が少ない二月なのに、誠に心苦しいんですが臨時休業のお知らせです。
2/10&11(火&祝水)はお休みを頂きます。 あと、2/24(火)も休みます。 ということで今月は全ての火&水がお休みとなります。 年度末が近づくにつれ、なんだかイロイロやることがあるわけです。 ご不便&ご迷惑おかけしますがご了承下さい。 
ヤルことの一つにゆぶねのお仕事もあります。 2月の15(日)と18(水)は「ゆぶね」ってます。 受付の仕事をこなしつつ、コースメンテナンス、からのライドとカラダが3つ程欲しいです。 XCな周回コースがメインなんですが、ハイクアップからの縦横の動きが激しい下りメインの「ブランキーパーク」もありますし、パンプトラック&ダートジャンプなフィールドも整備する構想も水面下で進行中。 いろんなジャンルのコンテンツを現在進行形で充実させている所です。 ホント個人的にも楽しみで仕方ありません。 こらあカラダ7つほど必要です。
しかし、ココで問題発生。 私は分身の術を未だ上手にマスターできてないのです。 なので上記の楽しいプランを進めるには皆様のご力を貸して頂くのがもっとも現実的。 そんなわけで、これらの事業にご理解&ご強力な協力のほど、宜しくお願い致します。




惚れた理由(ワケ)

イメージ
今宵はコイツについて語ります。「33rpm」 この33rpmと言うのはモデル名。 その昔、アンオーソライズドというブランドから出てた一世風靡したアレの血を引くフレームです。 それが新しいブランド名を冠してこの度リリースというわけなんですが、そのブランド名がなんかしっくり来ないので合えて触れない。 とにかく33rpmと言えば通じると思うので。

細身なフレーム。 クロモリ管らしいマイルドな乗り味。 里山からダートジャンプまでマルチなパフォーマンス。 お求めやすい価格で当店でもそこそこの数が売れました(ありがとうございます)。 未だに高い評価で語られることからも名車であると思います。 ちなみに新旧とも33rpmは日本のフィールドで企画されたフレーム。 長い年月、いろんなトライ&エラーを繰り返す中から生み出された逸品なのです。 

そんな、33rpmが2015年に復活と聞いて心トキメいたんですが、詳細を見て一気にテンション↓ 価格が¥126,000(税抜き)とは何事か! 実に先代の2倍以上。 売る側としてはこりゃ遺憾なわけです。 例えるならラーメン並みが¥600 大盛りチャージュでも¥900なのに¥1,260のラーメンて売れるワケないやん。

そんな残念な気持ちを胸に展示会で現物を確認。 「・・・やだ、コレ。 カッコイイ」 大きな負担のかかるヘッド周りのみをフィレット溶接。 リアエンドもかなり手が込んでるし、ナニよりフレームを一度メッキしてから一部を残して塗装するという手間のかけよう。 ジオメトリーもかなりアグレッシブ。 特筆すべきは非常に短いリアセンター。 27.5インチタイヤに対応していながら、まるで26のような軽快なコーナーワークを楽しめるはず。 

 また、極端に細いパイプで組まれた後ろ三角は昔の上位機種「45rpm」ゆずり。 キャッチーな堅さではなく、乗り込むほどその恩恵に預かれるシナリを重視してると推測できるわけです。 まさに売るためではなく、乗る人のリアリズムを追求したカタチ。 まあ、作っている中の人が恐ろしく乗る人たちばかりなんで必然と言えばそれまで。 ハッキリ言って旧33rpmとは血縁関係はあるものの全くの別物。 フォーククルーセイダーズもビックリの回転数。

 散々言っておきながらですが、このフレームに関してイロイロと語るのは野暮なことはわかってます。 ただ…

山で遊べるHT

イメージ
先日入ってきたコレなんですけどね。
コメンサルの「メタHT AM origin」 個人的には例の黄色と濃紺の組み合わせが堪らなくイケてる一台なわけです。 

 察しの良い諸兄はお分かりかと思いますが、HT=ハードテイル、AM=オールマウンテン なわけです。 Originというのは階級を示していて、用はスタンダードモデルということ。 いや、スタンダードモデルでも侮れないわけなんですけどね。 

この「メタHT AM」のご先祖さま的な一台に去年の今頃、乗り倒してました。 メーカーから試乗車として借りたヤツなんですけどね そのときの様子はコチラ

 いろんな人に乗ってもらったんですが、かなりの確立で好印象なコメントを頂きました。 特に「恐さを感じない」「安定感がある」という点を挙げられてる方が多かったです。

 今年モデルからは”AM"と"Trail"に分かれて乗るシチュエーション、スピードレンジにあったチョイスができるようになってますが、基本となる設計思想は共通してると感じてます。 

乗り手を選ばない懐の深さ。 メタシリーズの特徴ではないでしょうか。 BlankyDogでも”イチオシ!”と言うことでこのAMとTrailの両方ともストックしてます。 まぁ一度、またがりにだけでもご来店下さい。 お待ちしてまーす



今年こそ、二月は逃がさない

イメージ
2月に突入しました。 Yes! 小売業にとってはガクンと売り上げの減る魔の月なのです。 気分的には冬眠したいんですがそうも言ってられません。 仕事が減る分、いつもは出来ないようなことをして次の繁忙に備えるのが賢い経営者のスタイル。 というワケで、2月最初の日曜日はフィールドでのお仕事を少々。

当日はご覧の様な雪化粧の京都だったんですが、我らがホームコース「ゆぶね」の取材が有るっていうことでお手伝い。 午前中+αだけでしたがコースの説明&モデル業に精をだしました。 社交辞令かもしれませんが、なかなか高い評価を頂いたと思います。 あっ、もちろんフィールドに関してですよ。 モデルが良かったからなんて本人の口からはちょっと・・・ ね。
謙遜はさておき、撮影が終わってから以前から気になってたエリアの調査を少々。 ゆぶね入り口からほど近い所にイイ感じのスーペースがあるんです。 長細くって緩やかに下ってて、とパンプトラック&ダートジャンプを作るのにモッテコイなシチュエーション。 今は草&倒木で荒れ地ですが、ちょっと手を土を入れてやると大変身すること間違い無し。 まだ許可が下りてないので今は”見〜て〜る〜だ〜けから”ですが、早ければこの春にでもカタチにしてやりたいなと。 そうすればエネルギーを持て余してるちびっ子ギャングたちのはけ口の英才教育の場としても有効活用できるのではと。 もちろんオトナも楽しめますしね。

とにかく、許可と土を要求しといたんでGo!サインが出たら後は人足が必要です。 今後とも皆様のご理解とご協力をお願い致します。