今年も雪のKBS

Newsと言いながら「月刊BlankyDog]状態のコチラのサイト。 皆様こんにちは。 

 当店が首謀するKBS和束の今シーズン第2戦。 年明け早々にも関わらずまずまずの事前エントリーを募ることが出来て、コイツは春から縁起がいいわと思うておったのですが、まさかの雪。 それも2,3日前に降ったので状況確認&対策を施して万全の迎え入れ体制を整えたところでの更なる降雪。 そんなワケでたどり着けなかった同志諸君にお悔やみ申し上げる。

ゆぶねMTBランド内の最深部、ブランキーパークで繰り広げられるショートDHごっこ、それが「KBS和束」なんですが、何故か第2戦は毎回天気が荒れるんです。 1年目は雨、2年目は雪、そして3年目の今年も雪。 しかし、そこはMTBer(マウンテンバイカー)。 白いコースを見て楽しそうと思えなくてはこの遊びを制することは難しい。
池もシッカリ凍ってます

 走り方はもちろんのこと、雪対策なBikeのセットアップからウェア選びまで。 あまり無い非日常系なコンディションだからこそ同士達の「引出し」の多さ&地力が問われるわけです。

 実際は雪と言っても積雪は10cm程度でMTBでライドするには問題無い範囲。 気温も絶妙に低くて、雪がタイヤに踏まれてシャーベット状になるもののそれ以上は融けず、泥々ってことにもならない。 シャーベットな路面って思いのほかグリップするし滑り出しもマイルドなんでコントロールを失うことも少ないので実は楽しいんですよね。

 そんな楽しんでる雰囲気やリザルトなんかはコチラでチェックしてもらうとして、雪等で来れなかった同士諸君の退く勇気を尊重したいし、こんなコンディションにも関わらず集まった諸君等にも感謝申し上げたい。 さらに今回は地元の方々からあったか〜いぜんざいが振る舞われたりと、改めてこの「ゆぶね」の地をMTBを通じて盛り上げていきたいと思った一日でした。 そんなわけで、これからも皆様のご声援&ご協力を宜しくお願い致します。


このブログの人気の投稿

我が青春の岩岳

働き方改革

並外れて素晴しいコース