梅雨ライドスタイル。

はい、関西も梅雨入りです。 「雨だと自転車乗らなくなるよね」と言ったMTBerな貴方。 それはモッタイナイ。 確かに雨で山は行けないけど、実は街中が楽しくなるんです。 雨の対策をちゃんとすれば、意外に快適ライドを楽しめちゃうし、何故だかテンションもいつもより5割増(私の場合)です。 でも、道は滑りやすくなるから良い子のみんなはクレグレも安全運転で!!

という訳でコレからの季節を楽しむアイテムをUP
まずはDakineのBlitzJacket。 この2.5レイヤーのジャケットは耐水圧10,000mmとなかなかのもの。 ちろん透湿性もあり胸と背中のベンチレーターからも熱気を逃がします。 さらには裏地表面に凹凸なプリントが施されていて湿気たときの張り付きを軽減するわけです。 防水性の高い表面、透湿性を確保するための裏地、そしてこのプリントが0.5レイヤーってわけです。



続いてはこれ↓ SombrioのWingmanJacket 、前述のDakineのジャケットほどハイスペックではないですが、使い勝手はコチラもなかなかのモノ。 クルリんパでコンパクトに収納できてしまうのです。 梅雨時期だけではなく、夏の夕立なんかでも、バッグにコレを忍ばしておけば勝ち組間違いなしですよね。

そしてコレ↓ SombrioのRoamPantsです。 私も愛用中です。 悪天候でもコレさえあれば快適で楽しくライドできるという逸品。 悪天候でなくても、寒い時期はこれがメインで登場するし、夏場でも吸血昆虫が多いエリアではコレをチョイス。 内股のベンチレーションがかなり良い仕事するので何気にオールシーズン使ってます。 とにかく一本持っておいて損はなし。



 このRoamPantsですが、2012モデルから、生地の感じ、膝のプリーツなど、より手の込んだ物へとレベルアップしているのですが、お値段もレベルアップ。 しかし、当店には2011モデルが少量残ってます。 いかがでしょうか?

これで今年の梅雨もオフシーズンとは言わせない!!


このブログの人気の投稿

働き方改革

FOESのアナログ

今時のハードテイルなクロモリ製フレーム