突然ですが、インプレッションです。

MMC19の後編は鋭意執筆中でございます。 もう暫しお待ちを!!

で、今回のNewsはコレです。
Hasso
LitecのHassoというロングトラベルフォーク対応のカーボン製オールマウンテンなBike。 きしめんみたいな太く平たいトップチューブがマッチョでセクシーです。 ま、全体的にマッチョなのですけどね。 実はこのLitecの取り扱い元のダートフリークさんが試乗車を携えてご来店! 早速店前ですが試乗したわけです。 フロントフォークもマグラのソアーも着いているしで興味津々。

 まずは漕ぎ出しが、超軽いです。 フレームが軽くてしっかりしているので当たり前ですね。 ホイールもカチッとしたのが着いてたし。 そうなると、気になるのはトラクション性能ですがリアセンターが短くないので意外と大丈夫なのかも。 ただ、コレばっかりはダートで乗ってみないとわからないです。

 ハンドリングは150mmストロークのフォークを付けているとは思えないほどクイックに入っていきます。 かといってクルクル旋回できるかといえば、そうではなく、車体としてはゆったりした感じでした。 ただこの前後の違和感は、私の乗り方やポジションがちょっと違うのかもしれません。 もっと後ろに乗ってやればおいしくなりそうです。 今思うとモトクロスバイクみたいにシートに座ってコントロールしてやれば良いのかも。 次に試乗する機会があれば試してみたいです。


軽さや硬さから受ける鋭いイメージとは違って、以外に運動性能は落ち着いているようなので、本当に軽さを武器にした大人の里山ツーリングBikeなのかもしれません。


Que
で、個人的にツボにハマッたのは、実はこのQueという29er。 29er自体が持つなマッタリとした運動性にこのカーボンフレームのもつ軽さと硬さがいい塩梅のスパイスになっているようで、ダルさが抜けていてそれなのに安心感はキープ。 そういったバランスがうまく調和している感じで、29erにありがちな「乗せられている感」ではなく「自分でコントロールしている感」が適度に味わえて、コレも山で乗りたいです。

今度、一緒に山に行きましょうって誘っておいたのでそのうち実現できるかもしれません。いやいや楽しみです。

あっ、マグラのフォークですか? 違和感なく使えてしまったので、「軽い!!」ってことぐらいしか覚えてません。 いや、よく考えるとそれだけ良くできているってことですよね。 


このブログの人気の投稿

働き方改革

キレとIbisと私

里山遊びとハードテイル再考