日頃の稽古

日曜日(12/14)はゆぶねでライドする日です。 皆様、お誘い合わせの上、ゆぶねにお集まり下さい。

そんな”ライド@ゆぶね”にはどの自転車を持って行こうか3秒ほど考えたんですが、まずはおなじみ雷電号:ロッキーマウンテン社のサンダーボルトです。 アグレッシブクロスカントリー仕様なのでゆぶねで遊ぶのに最適。 特に最近、ハンドルを広く低いヤツに換えたのでそのテストも楽しみです。

そしてもう一台はテストBikeとして古参なジャッカル君。 ココ最近は大きな仕様変更もなく地味な存在なんですが、無くてはならない大切な一台。 実は10分ほどですが毎日乗ってます。 ひたすら店の前でマニュアルの稽古に励んでます。 ヤッパリこの手の遊べBikeってあると楽しいですよね。 毎日乗ってるおかげでマニュアルの精度がググンと増して、成功率も上昇してきてます。

ライドの精度が上がるとともに微妙な身体やBikeなどの変化を感じ取るセンサーの感度も高まってきてます。 いつもと同じようにやってても寒さで身体が動いてないからより大きめのアクションを意識しないと上がらない。とか、タイヤの空気圧が減ったからレスポンスが遅くなってる。とか・・・

この手の遊びは乗り手のパフォーマンス次第ってイメージですが、機材のパフォーマンスも侮ることはできません。 私のこだわりはリアタイヤ。 転がりが軽く太い目。 断面形状もなるべく丸いものがコントロールしやすくて◎です。 今はMAXXIS社のIKONを好んで使ってます。

先の胸強打な前転事故もジャッカル君に乗ってるときでしたが、今回はその時より乗れている実感があるので、このいい状態でブランキーパークにブッつけてみたいと思います。 もちろん返り討ちにあわない様、最新の注意を払い謙虚にライドしたいと思います。 

このブログの人気の投稿

働き方改革

FOESのアナログ

今時のハードテイルなクロモリ製フレーム