夏の朽木ライド

いやぁ、毎日暑い日が続いております。 皆様いかがお過ごしでしょうか? 例年なら8月は仕事が少ないのですが、今年はナゼか忙しいのです。 有り難いことです。 

この日は朝、涼しいうちに集合→出発をと目論んでちょいと早めの7時に集合したのですが十分暑かったです。 積み込みが終わって一路朽木へ向かったんですが、泳ぎに行く車なのかいつもに比べ交通量多め。 途中のコンビにでもソレっぽい人が多かったし。

で、着いてみると朽木MTBパークはいつもの感じでゆっくりまったりな空気感。 日差しは強く気温も高いけど、京都市内とくらべ湿気はなく、ちょいと強めの風が心地よいんです。 ブーステントの下の日陰なんか快適そのもので本でも読みたくなるほどです。

ほっこりしていると搬送の時間が迫ってきたのでササッと用意してライド開始。 路面は超ドライでカチカチの路面の上に砂や石がまき散らされている状態。 タイヤは良く転がってスピードがガンガン乗ります。 そして浮き石&砂のため良く滑るという油断できないちょいとタフなコンディション。 上の森の中でもそんな感じで、まぁ良く乾いているもんです。 こういう時はタイヤチョイスがものを言います。 私もノブの高いタイヤをつけておけば良かったとちょっと後悔。

この朽木のコースなんですが、私は自由度の高いコースだと思うのです。 ただ、走るだけなら難易度の高くないコースですが、それだけにいろいろなことを練習できる場所でもあります。 傾斜も緩いので怖さが少ないのがポイントです。 ただ、部分的に危険なところもあるのでこの辺は慎重に。

そんな感じで午前2時間、昼から2時間の計4時間のライド。 暑さもあってかお腹いっぱいになりました。 この時期のライド、とにかく水分はたくさん用意した方がよいですね。 私はこの日2リットルを消費しました。 クラーボックスに凍らせたペットボトルを用意したも正解でした。 しっかりとした準備で愉しくライド、気持ちよく汗がかけるワケです。 残暑キビシい日が続きそうですが熱中症に注意して楽しい夏の思いでを作りましょう。

ちなみに次回ライドは8/19(日)、madmaxが待ち受ける福井和泉の予定です。

このブログの人気の投稿

働き方改革

FOESのアナログ

今時のハードテイルなクロモリ製フレーム